建物の基盤を支える 型枠工事は 明治43年創業の 後町建設工業株式会社に お任せください!!

当社は創業100年以上の歴史ある型枠大工工事業者です

東京都渋谷区にある後町建設工業株式会社は、明治43年に長野県諏訪市において大工工事業として創業以来、
戦後の混乱期を乗り切り、高度経済成長期に会社法人としての体制を整え、
数多くの建設物の建築に携わって参りました。

型枠工事のパイオニアとして、型枠技術を磨き続け、豊富な経験と共に
熟年層職人から若年層職人への技術の伝承をしっかりと図り、更なる技術の向上を追い求めております。
近年では得意とするマンション、ショッピングセンターをはじめ 高層住宅、オフィスビル、大学校舎等の教育施設など
幅広い型枠工事に携わらせて頂いております。
協力企業様や職人さんの募集も随時しておりますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

ブログ

2019.12.04
早いもので師走ですね

 ついこの間まで『暑い』などと言っていたのに、気が付けば年末、師走ですね。最近は年を重ねるにしたがって一年がたつのが加速度的に早く感じるのは歳を取ったからでしょうか(笑)  今年は流行語大賞に選ばれた『One Team』に代表されるラグビーワールドカップに熱狂した年でした。我が社も数多くの施工会社、班、社員によって構成されていますが、気持ちを一つに『One Team』で施工に当たれるように頑張っていく所存です。


2019.04.08
私事ですが松戸市こども育成会連絡協議会より表彰状を頂きました

 私事ではありますが、去る4月6日に松戸市民劇場において「松戸市子ども育成会連絡協議会総会」が開催され、松戸市長、松戸市議会議長、松戸市教育長も来賓として参列される中で、松戸市子ども育成会連絡協議会より、永年にわたり子供会の健全育成発展のため尽力をしたとして表彰状を頂きました。

 
 これは長男が所属していた、松戸市あきら地区の子ども会である「南花島子ども会」の部活動ソフトボールチームのコーチを、7年間継続してきたことに対してご評価を頂いたものです。長男は小学校5年生の3月からソフトボールチームに入部し、一年間ではありましたが子ども会に大変お世話になりました。近所の公園で子供たちと親子共々草野球をしていましたが、本格的な部活動として、松戸市のジュニアソフトボールチームに在籍させて頂き、春・秋の松戸市長旗争奪のリーグ戦などにもレギュラー選手として出場、一緒にベンチに入らせて頂いたのが大切な思い出となっています。
 
 松戸市のジュニアソフトボールのレベルは全国的にも非常に高く、松戸市の選抜チームは今年の全国大会でもベスト16。現役プロ野球選手も千葉ロッテの涌井投手、巨人の宇佐美捕手が松戸市ジュニアリーグ出身です。長男も県立柏南高校2年の秋大会では県ベスト16で敗退してしまいましたが、前年の秋大のベスト4、ここ数年間の県大会16強以上の実績が評価され、2018年選抜高校野球大会の千葉県21世紀枠指名高となり『行くぞ甲子園!!』と親の方が夢を勝手に膨らませたものです(笑) 在籍70名以上の野球部でベンチ・レギュラーメンバーとしてグランドに立ち続けることが出来たのも、小学生時代のソフトボールでの経験が大きかったと思います。
 
 当初は長男のお礼奉公方々、1年間程度は子ども会ソフトボールのお手伝いをさせて頂こうと思っていたのですが、指導をしていく中で成長していく子供たちの姿、練習や試合後の監督・コーチ陣の現役・OBのお父さん方と酌み交わす一杯が楽しくなり(笑)、長男が中学に進学した後にヘッドコーチ・スコアラーとしてベンチ入りコーチも務めさせて頂き、今は気軽なOBコーチとしてチームのお手伝いをさせて頂いています。自分の子供だけではなく、教えてきた子供たちが、子ども会の夏祭りなどの行事に顔を見せてくれたり、夏の甲子園の県予選などでグランドに立つ姿を見たり、バッティングのアドバイス等を求められたりすると『あ~続けてきて良かったなぁ』などと思います。子供は家庭だけではなく社会・地域の宝物です。そんな子供たちと一緒に成長していけるように、今後も関わって行こうと思う次第です。

2019.04.02
令和に決まりましたね

 久し振りのブログ更新です。新しい元号『令和』に決まり、心機一転このブログも積極的に更新していきたいと考えています。

 

 さて5月1日から新しい元号が『令和』と決まったわけですが、この元号が始まると弊社は創業した明治から始まり、大正、昭和、平成、令和と五つの元号の時代にまたがり社業を継続させて頂けることになります。まもなく総業110年を迎えることが出来るのは、弊社に発注をくださる元請様、働いてくれている職人さんや社員、材料を納材して頂ける納材企業の方々、運送、IT関連、そのほか多数の取引会社さんたちのおかげです。そのことに深い感謝の気持ちを持ち社業に全力を挙げて、高品質の躯体をお施主様に提供する。そんな気持ちを新たにさせてもらえるのも、古来から続く元号の大きな意義だと感じた一日でした。

 


2017.03.07
施工物件紹介の内容を追加しました

当社施工物件の内容に複数追加を致しました。今後ともHPの充実を図ります。


2016.07.29
ホームページリニューアルのお知らせ

ホームページをリニューアルいたしました。

今後こちらのページでは様々な近況報告をさせていただきますので、是非ご覧になってください。


型枠工事とは

型枠工事とは、建設物の骨組みとなる基礎や柱を作るためのコンクリートを流し込む『型枠』を作る工事です。
超高層建築物も商業施設も、建設においてその骨組みとなるコンクリートを作る作業が非常に重要で、
コンクリートを流し込む際の加重や圧力に耐えられる型枠を設計寸法通り正確に作ります。
型枠の技術がコンクリート構造物の出来を左右すると言っても決して過言ではありません。

型枠大工とは

建物の構造で重要な壁、柱、梁など、建築物の要となる箇所を
作り出す主要職種の一つが型枠大工です。
壁、柱、梁などを形成するコンクリートを流し込む枠(型枠)を加工し、建て込み、
脱型した枠を転用するなどして、建築工事を進めていく重要な職種です。
型枠大工は鳶・土工、鉄筋と並んで、
「躯体三役」と呼ばれる現場の中核となる職種です。
社長、先輩スタッフが親切、丁寧に指導しますから、
未経験・初心者の方でも安心です。
もちろん社会保険制度にも加入しています。
経験を積み資格を取得して、独立・起業している先輩もたくさんいます。

後町建設工業の型枠工事の歴史

後町建設工業は、皆様の絶えざるご指導とご鞭撻のおかげで、創業から100周年を超え多くの企業様とお付き合いをしてきました。
弊社が辿った1世紀の歩みの中で携わらせて中には、歴史的建築物となっているものも幾つか存在しております。

築地市場

大正12年に、現在の東京都の人口増加に伴う食料の安定供給に対処するために計画され、
昭和7年1月から翌8年5月にかけて株式会社鴻池組様から発注されたのが現在の築地市場の型枠工事です。
当社が携わらせて頂いたのは、鉄筋コンクリート造の魚類第一卸売人売り場、
同じく鉄筋コンクリート造の塩干し魚倉庫と砕氷機置き場で、延べ床面積は15,436m2に及んだそうです。

  • 画像
  • 画像

英国大使館

昭和初期の当社型枠工事の代表作として、絶対に欠かせないのが英国大使館官邸新築工事です。
株式会社鴻池組様が英国国務省からの発注で、現在の千代田区一番町において
昭和4年9月着工、同6年9月に竣工した建築物です。

画像

1910年の創業以来培われてきた型枠工事の経験と技術を生かし、
『伝統・技術・信頼・改革』をコンセプトに、
これからも私達は“Construct Future”未来を創っていきます。

近年の主な施工事例

今日も町のどこかで私たち後町建設工業の型枠大工職人たちが様々な建物を建設し、人々が生活する空間を創り続けています。
生まれ変わる建物や新しく創られる建物など、当社が型枠工事を手掛けさせて頂いた施工事例をいくつかご紹介致します。

画像

当社では、高級賃貸住宅やデザイナーズマンション、高層マンション、
大型ショッピングセンター、ショッピングモールから
小学校や大学の校舎、倉庫や配送センターまで幅広い建設物の型枠大工工事を請け負っております。

大きなプロジェクトを成し遂げる為には、高い技術と高い志を持った協力会社様の力、
そして型枠工事を担う型枠大工様の力が必要です。
是非一緒に、人々の生活に欠かせない未来へ残る建設物を創りませんか?

未来を共に創っていく
協力会社様を募集しております。

当社は「新しい専門工場業者」の姿を追い求めていく中で、価格競争力があり、技術力に優れ、自主管理能力がある優秀な協力会社を広範囲に募集しております。見積りへの参加を希望される企業様は、特設サイトの申込登録フォームからご応募ください。

協力会社様募集特設サイト

優れた技術で未来を創る
型枠大工職人・見習い大募集!

後町建設工業では、共に未来を創りあげていく方を募集しております。職人で経験のある方はもちろん、一から始めたい見習いの方まで、お気軽にお問い合わせください。

協力会社様募集特設サイト

会社案内

社名 後町建設工業株式会社
代表取締役 後町 広幸
本社所在地 〒151-0053 東京都渋谷区代々木3-16-1
TEL 03-3379-5167
FAX 03-3379-5177
建設業の許可 許可番号:東京都知事許可(般-18)第38537号
許可年月日:平成18年9月30日
建設業の種類 大工工事業、東京商工会議所、「渋谷区法人会」会員、東京建設工業協同組合会員
業務内容 型枠大工工事
創業年月日 明治43年5月1日
資本金 2,000万円
主要取引銀行 商工中金、東日本銀行、日本政策金融公庫、みずほ銀行
主要取引先 株式会社鴻池組、鹿島建設株式会社、(株)長谷工コーポレーション、太陽建設株式会社
昭和建設株式会社、JFEコンフォーム株式会社、鴻池ビルテクノ株式会社
PAGE TOP